×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

阪神ジュベナイルフィリーズ

阪神ジュベナイルフィリーズで毎回的中実績をだしている。負けることは絶対にない。1年に一回だけ!レース開催日にのみ配信される伝説的なメルマガ
阪神ジュベナイルフィリーズ関係者情報無料

1年に1回だけ無料メールマガジン発行。阪神ジュベナイルフィリーズだけの為に、阪神ジュベナイルフィリーズをトコトン研究している阪神ジュベナイルフィリーズスペシャリスト達による情報です。

明日を占う2歳女王決定戦

阪神ジュベナイルフィリーズとは

ここへ画像の説明を記入して下さい 注目!2歳牝馬の頂点を決める一戦
 1949年に関西地区の3歳(旧表記)チャンピオンを決めるレースとして創設された「阪神3歳ステークス」が前身。創設当初は阪神競馬場・芝1200m(56年のみ京都で開催)で行われていたが、62年に芝1600mへと変更された。84年のグレード制導入ではG1に格付け。91年に3歳牝馬限定のG1競走に変更され、名前を「阪神3歳牝馬ステークス」に改称。01年には馬齢表示の国際基準への変更に伴い、競走名が現在の「阪神ジュベナイルフィリーズ」となった。10年には国際競走に指定されたことにより、外国馬は9頭まで出走可能である。

注目!桜花賞と同条件も・・・
 翌年の桜花賞と同じ阪神芝1600mで行われる同レース。関連性が高いかと思いきや、意外にそうでもない。牝馬限定となった91年以降、過去21年間の同レース優勝馬で桜花賞を制した馬はわずかに4頭。91年のニシノフラワー、00年のテイエムオーシャン、08年のブエナビスタ、09年のアパパネだけである。01年のタムロチェリーのように同レースが最後の勝利となった馬や06年のウオッカのように翌年に強力なライバルが現れることもある。また、昨年のジョワドヴィーヴルや一昨年のレーヴディソールのように強い勝ち方を見せた馬が3歳になって故障するケースも多い。

注目!近年は名牝の登竜門に
 阪神競馬場の馬場がリニューアルされ、06年以降は外回りコースで行われるようになった。この年優勝したウオッカから勝ち馬の流れが変わっている。同馬は翌年のダービーを制し、日本を代表する名牝へと成長する。また、07年のトールポピーはオークス、08年のブエナビスタは桜花賞・オークス、09年のアパパネは牝馬三冠を制した。外回りに替わって、優れた末脚を持つ実力馬が優勝している。ウオッカやブエナビスタなど近年の牝馬のレベルアップは目覚ましく、古馬になっても一線で活躍する名牝の登竜門といえるかもしれない。

1年に1度の特別配信

メルマガ登録
 メールアドレス
 年齢
 レース名
レース名は変更しないで下さい。
powered by 特別メール配信

阪神JFを丸裸にしてみよう!

赤1)8番人気馬の複勝率5割
 過去10年の人気別成績は、1番人気馬が【3.1.2.4】で勝率3割。その中でも単勝1倍台に推された馬は【2.1.1.0】。圧倒的人気馬の好走率は高い。以下、2番人気馬・3番人気馬・6番人気馬が各1勝。4番人気馬と8番人気馬が2勝ずつあげている。特に8番人気馬は【2.2.1.5】で複勝率5割。1番人気に次ぐ好成績だ。近2年では10年3着のライステラス、昨年2着のアイムユアーズが好走している。また、外回りコースに変更になった06年以降、好走馬はすべて8番人気以内の馬が占めている。

赤2)キャリア1戦でも侮れない
 キャリア別成績は、阪神JFまでに2戦の馬が【4.1.2.23】、3戦の馬が【4.2.2.47】で最多タイの4勝で並ぶ。ただ出走頭数が少ない分、キャリア2戦の方が勝率・連対率・複勝率ともに上回る。  全体で連対率・複勝率トップなのが、キャリア1戦の馬で【1.3.2.11】。1勝は昨年のジョワドヴィーヴル(4番人気)。キャリアの浅さが嫌われてか、好走馬6頭中5頭は4番人気以下だった。キャリア1戦でも侮れない。逆に不振なのが、キャリア5戦以上の馬。【0.1.1.40】で未勝利。

赤3)ファンタジーS組は勝ちきれない
 前走レース別成績では、前哨戦のファンタジーS組が出走馬の約3割を占めており、抜けて多い。しかし、成績は【1.3.4.44】で02年のピースオブワールドの1勝のみ。勝率はわずかに1.9%。04年のラインクラフト、06年のアストンマーチャンはファンタジーSで後続を離して勝利したが、本番の阪神JFでは2着以下に敗れている。  こうして勝ち星こそあがっていないが、近3年は3着以内に毎年1頭絡んでいる。昨年のアイムユアーズらこれらの好走馬3頭は、ファンタジーSで人気を上回って3着以内に入り、いずれもキャリア4戦という共通項があった。

赤4)前走牡馬混合レース組が好成績
 少数ながら2勝ずつあげているのが、前走デイリー杯2歳S組と黄菊賞組。黄菊賞組の2勝は06年のウオッカ、07年のトールポピー。いずれも前走で2着だった。上記2レースを含め、前走牡馬混合戦だった馬が優勝馬10頭中7頭を占める。昨年3着のサウンドオブハート(前走芙蓉S1着)や10年3着のライステラス(前走京王杯2歳S4着)など前走牡馬混合戦を走った馬は、2着・3着も多い。  今年新設された重賞・アルテミスSの前身は同時期に行われていた東京の赤松賞。この組は【1.1.0.11】で勝ったのは09年のアパパネ、2着は08年のダノンベルベール。この2頭はいずれも同レースで上がり単独1位で勝利。本番では3番人気以内に支持されていた。

【過去結果】阪神ジュベナイルフィリーズ

【第64回】2012年12月9日(日) 5回阪神4日

2012年第64回阪神ジュベナイルフィリーズ的中無料情報  レース動画を見る

着順 1 ローブティサージュ 7 クロフネサプライズ 10 レッドセシリア
的中馬券 馬連 35,990円 67番人気

ローブティサージュが競り合いを制して2歳女王へ  人気順は、アルテミスSのレコード勝ちが圧巻だったコレクターアイテム、芙蓉Sを鋭く差し切ったサンブルエミューズ、ファンタジーSで後続を突き放したサウンドリアーナ、アルテミスSで鋭く追い込んで2着のアユサン。若き乙女たち=2歳牝馬の頂上決戦・阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)では、前走、重賞やオープンで好走した馬たちが順当に高い評価を得た。  勝ったのは5番人気、やはり重賞好走組、ファンタジーS2着のローブティサージュだ。  タガノミューチャンが引っ張り、レースは1000m通過57秒8という速いペースで流れた。サウンドリアーナやサンブルエミューズはスピードを生かすべく好位に、コレクターアイテムやアユサンは切れ味に賭けて後方へと構える。そんな中、1番枠スタートのローブティサージュはスムーズに中団の内。コーナーでは距離をロスすることなく位置取りを上げていき、先行勢を射程圏に捉えながら直線へと向かった。  「手応えはいい。スペースがあれば抜けられる」という鞍上・秋山真一郎騎手の感触通り、前がバラケると、左ムチに反応して脚を伸ばすローブティサージュ。2番手から抜け出したクロフネサプライズが懸命に抵抗し、内からはレッドセシリアも追い込んできたものの、これらとの競り合いを制してローブティサージュが先頭でゴールへ。  「前走の内容も中間の調子も良かったから自信はあった」と秋山騎手。確かに前走・ファンタジーSは、好位からスンナリと抜け出したサウンドリアーナには差をつけられたが、ローブティサージュ自身も大外から力強い末脚を繰り出して先行勢をまとめて交わし去っていた。また同厩のコレクターアイテムと比較しても遜色ない仕上がり、陣営では着々とパワーアップしていることを感じ取っていた。  ライバルたちを間近に見つめながら成長し、レースの上手さも示してみせたローブティサージュが、初の重賞タイトルとともに2歳女王の座も手繰り寄せたのだった。

【【第63回】2011年 12月11日(日) 6回阪神4日

2011年第63回阪神ジュベナイルフィリーズ的中無料情報  レース動画を見る

着順 13 ジョワドヴィーヴル 11 アイムユアーズ 18 サウンドオブハート
的中馬券 3連単 62,850円 250番人気

超良血馬ジョワドヴィーヴル、混戦を断つ圧巻の末脚!  阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)では、人気上位馬のオッズが均衡。デビュー2連勝中のサウンドオブハートとイチオクノホシ、小倉2歳女王のエピセアローム、白菊賞圧勝のラシンティランテ、ファンタジーSで競い合ったアイムユアーズ、アンチュラス、ファインチョイス、牡馬相手の萩Sで好走したアナスタシアブルーなど、勝ち馬候補は五指に余り、混戦模様を呈していた。  が、絶対的な中心馬不在のこの争いを、1頭の天才少女が豪快に断ち切る。レースを制したのは、まだ新馬を勝ち上がったばかりのジョワドヴィーヴルだ。  ジョワドヴィーヴルの血筋は出走馬中ナンバー1と言えるだろう。父は三冠馬ディープインパクト、母は1995年のこのレースの勝ち馬ビワハイジ、姉もやはり2歳女王に輝き、いまや現役最強馬として君臨するブエナビスタだ。  ジョワドヴィーヴル自身も1か月前のデビュー戦を鋭く差し切って勝利。ただし、勝ちタイムは決して目立つものではなく、また1戦だけのキャリアも不安視されていた。それでも4番人気に推されたのは、ひとえに“血”の可能性に賭けられたためだろう。  そしてジョワドヴィーヴルは、血に内在する恐るべき潜在能力を、GIの大舞台で遺憾なく発揮する。  ラシンティランテ、ファインチョイス、サウンドオブハート、アイムユアーズなど有力馬が先団でひしめき、けれどペースは落ち着いたままでレースは進む。ジョワドヴィーヴルは中団の外でじっくりと追走していたが、直線では馬場の真ん中を貫くように弾け跳んだ。前方で叩き合う馬群を力強く差し切ってさらに伸び、最後はアイムユアーズとサウンドオブハートの熾烈な2着争いに2馬身半の差をつける圧巻のゴールだった。  母仔制覇、姉妹制覇、デビューわずか2戦目でのGI制覇。偉業を達成するとともに、混戦から一歩も二歩も抜け出したジョワドヴィーヴル。「能力があるのはわかっていたが、これほどとは……」という鞍上・福永祐一騎手の言葉は、その走りを見届けた者すべてが共通して抱いた実感であるはずだ。

【第62回】2010年 12月12日(日) 5回阪神4日

2010年第62回阪神ジュベナイルフィリーズ的中無料情報  レース動画を見る

着順 11 レーヴディソール 4 ホエールキャプチャ 18 ライステラス
的中馬券 3連単 24,540円 61番人気

レーヴディソールがデビュー3連勝で2歳女王に即位  近年この阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬の多くが、順調にクラシックウィナーへと、いやそれどころか競馬史に残る存在へと成長している。ウオッカ、ブエナビスタ、アパパネ……。今年の勝者もまた、歴史的名牝に育つ可能性がある。そう思わせる走りを披露したのは、新馬とデイリー杯2歳Sを豪快に差し切ってデビュー2連勝中、今回は単勝オッズ1.6倍の1番人気に推されていたレーヴディソールだ。  ピュアオパールの逃げで進んだレースは、1000m通過61秒2のスローで流れる。力を持て余してジリジリと馬群の外を上がっていくのはダンスファンタジア。桜花賞馬の母ダンスインザムードから譲り受けたレースセンスと瞬発力を武器に、こちらもデビュー2連勝中、単勝オッズ3.6倍の2番人気に支持され、レーヴディソールとの一騎打ちムードを漂わせていた存在である。  これに対し、レーヴディソールの鞍上・福永祐一騎手は中団で折り合いに専念。この遅いペースの中でも「直線で伸びてくれることはわかっていた」と自信に満ちた騎乗だ  その直線。京王杯2歳Sで牡馬相手に4着と善戦したライステラスが先頭に躍り出る。あるいはファンタジーSで強烈な末脚を繰り出し3着となったホエールキャプチャが馬群を縫って追い込んでくる。そこへ外から飛んで来たのがレーヴディソールだ。ダンスファンタジアを置き去りにし、先行各馬を一気に抜き去り、ライステラスとホエールキャプチャも差し切ってゴールへ。前2走で見せた力強い末脚を今回も繰り出して、デビュー3連勝での女王即位を成し遂げたのである。  レーヴディソールの半姉レーヴダムール、半兄のアプレザンレーヴとレーヴドリアンは、いずれもGI 戦線を沸かせながらビッグタイトルを勝ち取れず、志半ばでターフを去っている。その雪辱を果たす勝利ともなったわけだが、もちろん、ここがレーヴディソールの最終目標ではない。  狙うは来春のクラシック、進むはファンの記憶に残る名牝への道。「飛翔の夢」という意味の馬名そのままに、レーヴディソールが、大いなる夢への一歩を踏み出した。

【第61回】2009年 12月13日(日) 5回阪神4日

2009年第61回阪神ジュベナイルフィリーズ的中無料情報  レース動画を見る

着順 18 アパパネ 6 アニメイトバイオ 15 ベストクルーズ
的中馬券 3連複 5,980円 14番人気

末脚比べを制したアパパネが2歳女王に輝く  阪神ジュベナイルフィリーズ(JpnI)では近年、ウオッカ、トールポピー、そしてブエナビスタと、素晴らしい切れ味を持つヒロインが誕生し続けている。今年も、上がり3ハロン32秒9(推定)の末脚で新潟2歳Sを制したシンメイフジ、レコードタイムで赤松賞を差し切ったアパパネ、ファンタジーSで大外一気を決めたタガノエリザベートと、いずれも末脚自慢の牝馬たちが注目を浴び、瞬発力勝負を予感させる一戦となった。  レースは、1枠2番の小倉2歳女王ジュエルオブナイルがハナを切り、さらにはパリスドール、メイショウデイム、モトヒメ、サリエルと内枠各馬が先行する展開。これらの馬は馬場の内から真ん中まで広がるようにして直線へと向かい、必然的に、多くの差し・追い込み馬は外を回ってスパート態勢に移行することとなった。  ここでふくらむことなく、馬場の内寄り、広がった先行勢の真ん中へと突っ込んでいったのがアパパネだ。  ゲート入りを嫌がって鞍上・蛯名正義騎手や観る者に不安を抱かせたアパパネだったが、ポンとゲートから飛び出すと、道中は中団でしっかりと折り合っていた。 「これなら直線では伸びてくれるはず」  蛯名騎手の確信を実証するかのように、アパパネは力強く弾けた。同じようなコース取りで追いすがってきたアニメイトバイオ、ベストクルーズ、ラナンキュラスらを振り切り、さすがの切れ味を見せて外から追い込んできたシンメイフジやタガノエリザベートも封じ込めて、アパパネが先頭でゴールへ。自慢の末脚に加え、レース運びの上手さも示して、アパパネが2歳女王のタイトルを獲得したのだった。  アパパネとは、花の蜜を吸って育つハワイの赤い鳥。ビッグタイトルという甘い蜜の味を知り、それを自信や勝利へのモチベーションに変えて、牝馬クラシック戦線を颯爽と飛ぶ存在へと育ってくれることを、アパパネには期待したいものである。

【第60回】2008年 12月14日(日) 5回阪神4日

2008年第60回阪神ジュベナイルフィリーズ的中無料情報  レース動画を見る

着順 13 ブエナビスタ 2 ダノンベルベール 9 ミクロコスモス
的中馬券 3連複 3,270円 4番人気

桁違いの強さ! ブエナビスタが余裕たっぷりに大外から差し切る  阪神ジュベナイルフィリーズ(JpnI)は、いうまでもなく2歳女王の座を争う場。しかしどうやら今年のレースは、単に2歳最強牝馬が決まったというだけでなく、来春の3歳牝馬クラシックにおける“絶対的主役”の存在を印象づける一戦ともなったようです。  勝ったのはブエナビスタ。桁違いの強さを見せての戴冠です。  黄菊賞で牡馬を負かしたアグネスタキオン産駒のジェルミナル、赤松賞を鋭く差し切った関東馬ダノンベルベール、ファンタジーSの1、2着馬であるイナズマアマリリスとワンカラット、デビュー3連勝で小倉2歳Sを制したデグラーティアら、並みいる素質馬を押さえて1番人気に支持されたのがブエナビスタ。デビュー戦の新馬で3着、前走の未勝利で勝ち上がり、1勝馬たちによる抽選を潜り抜けてここに出走を果たした馬です。  が、その前走が圧巻。中団から一瞬にして差し切り、さらに3馬身突き放すという鮮やかな瞬発力を見せていました。さらに、母は1995年のこのレースの勝ち馬ビワハイジで、アドマイヤジャパンとアドマイヤオーラを兄に持つという血筋も手伝って、大きな注目を浴びてのスタートとなったのでした。  道中は後ろから3〜4頭目、先頭とはかなり距離のある位置でレースを進めたブエナビスタですが、鞍上・安藤勝己騎手は「強い馬だから安心して乗っていた」とのこと。そして直線、ジョッキーが抱く自信の理由を、ファンは目の当たりにします。  ひしめきあって追い比べを演じる各馬の外、ただ1頭、次元の違う脚色で突き抜けるブエナビスタ。並ぶ間もなく突き抜けて、2着ダノンベルベールを2馬身半引き離し、最後は安藤騎手が手綱を緩める余裕すら見せての1着ゴールとなります。  これだけの圧勝を飾りながら「先頭に立つのが早すぎて、そこからはフワフワしていた。まだ奥がある」というのですから、恐るべき強さ。「これから大きいところを、いくつも勝つつもり」という安藤騎手の言葉が、少しも大袈裟に聞こえないくらいの力量差を見せつけて、ブエナビスタは2歳女王と絶対的主役の座を手にしたのでした。。

【第59回】2007年 12月2日(日) 5回阪神2日

2007年第59回阪神ジュベナイルフィリーズ的中無料情報  レース動画を見る

着順 15 トールポピー 9 レーヴダムール 10 エイムアットビップ
的中馬券 馬連 5,440円 21番人気

大外から力強い伸びを見せて、トールポピーが2歳女王の座に輝く  昨年このレースを制したウオッカは、今春、牝馬としては64年ぶりとなる日本ダービー制覇を達成。今年の阪神ジュベナイルフィリーズ(JpnI)もまた、将来性豊かな馬たちが激戦を繰り広げてくれました。  エイシンパンサー、マイネブリッツ、エフティマイアといった先行勢に、まず襲い掛かったのが1番人気のオディール。前走ファンタジーSを制した自信を胸に、あるいはこのレース2着だった母キュンティアの雪辱を果たすべく、残り200m、馬場の真ん中を追われて先頭に立ちます。  その外から脚を伸ばしてきたのが2番人気のエイムアットビップ。レコードタイムをマークした未勝利勝ちなどこれまでは逃げを得意策としてきましたが、ここでは一転して後方に控え、持ち前のスピードを最後の直線で爆発させる手に出ました。父は切れ者アグネスデジタル、曾祖母は名牝イットー。血の中に眠る爆発力が開花します。    さらにその外を力強く伸びたのが3番人気トールポピーでした。ウオッカと同じ角居勝彦厩舎の所属、前走・黄菊賞2着からの臨戦もウオッカと同様。その黄菊賞では抜け出してから集中力を欠き、いわゆる“ソラを使う”素振りを見せての敗戦でしたが、今回は最後まで緩みません。 「切れる脚はないが、一歩ずつしっかり伸びてくれる」  まさに鞍上・池添謙一騎手が語った通りの、粘りのある末脚。兄フサイチホウオーに劣らぬ豪快なストライドでゴールを目指します。  仏G1馬レーヴドスカーの娘レーヴダムールが、まだ新馬を勝ったばかりの身ながら素晴らしい瞬発力を繰り出して迫りましたが、これをクビ差押さえたトールポピーが先頭でゴールを駆け抜け、2歳女王の座に就きました。  昨年はウオッカのほかアストンマーチャンやローブデコルテが、一昨年はフサイチパンドラやアサヒライジングが、そして3年前はラインクラフトが、このレースで上位を争った後、3歳時にも大活躍を見せました。今年の上位馬粒ぞろい。来年のGIが、早くも楽しみになってきます。

【第58回】2006年 12月3日(日) 3回阪神2日

2006年第58回阪神ジュベナイルフィリーズ的中無料情報  レース動画を見る

着順 2 ウオッカ 9 アストンマーチャン 3 ルミナスハーバー
的中馬券 馬連 900円 3番人気

一歩ずつ確実に、力強く差し切ったウオッカが2歳女王に輝く  新装なった阪神競馬場。リニューアル後、初めての開催となる重賞は2歳牝馬のチャンピオン決定戦、阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)です。新たに設けられた“外回り”の芝1600mが今年からの舞台。長さ470mを超す直線が最後に待ち受けます。  その直線を力強く駆け抜けたのがウオッカです。2番ゲートから抜群のスタートを切ると、無理せずスっと好位に控え、余裕たっぷりの手ごたえで直線へ。そこから外に持ち出されて、先に抜け出したアストンマーチャンを猛然と追い詰めます。ゴール前の急坂を力強く駆け上って、最後はクビ差交わしてのゴール。芝1600mの2歳日本レコードとなる1分33秒1をマークして、堂々と2歳女王の座を勝ち取りました。新種牡馬である父タニノギムレットから譲り受けた豪快なストライドも印象に残りました。  前走ファンタジーSの圧勝から断然の1番人気に支持されたアストンマーチャンは、惜しくも2着。しかし好位から早めに仕掛けるレースで僅差に踏ん張り、3着馬を3馬身半も離しているのですから、素質の高さは明らか。来春の牝馬クラシック戦線を、勝ち馬とともに牽引していく存在となることは間違いありません。    アストンマーチャンの父も新種牡馬アドマイヤコジーン、3着ルミナスハーバーの父は2年目のアグネスタキオン。今年の2歳から王者サンデーサイレンスの産駒がいなくなりましたが、こうして現役時代の活躍がまだ記憶に新しい馬たちの子が、今後の競馬を盛り立ててくれることでしょう。  また各騎手が「広くてフェア。馬の実力がそのまま出る」と口をそろえる新生・阪神。その言葉通り、人気サイドの馬が上位を占める結果となりました。全馬が存分に能力を発揮できるコースで、この阪神ジュベナイルフィリーズや桜花賞が争われることになるわけです。

プライバシーポリシー

フェブラリーS 高松宮記念 桜花賞 中山グランドジャンプ 皐月賞 天皇賞(春) NHKマイルC ヴィクトリアマイル オークス 日本ダービー 安田記念 宝塚記念 スプリンターズS 秋華賞 菊花賞 天皇賞(秋) エリザベス女王杯 マイルチャンピオンシップ ジャパンC ジャパンCダート 阪神ジュベナイルF 朝日杯フューチュリティS 中山大障害 有馬記念 競馬ランキング