×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

阪神ジュベナイルフィリーズ

12月11日(日) 阪神競馬場 1,600 (芝・外)定量 2歳オープン

明日を占う2歳女王決定戦

歴史

1949年に関西地区の3歳(現2歳)チャンピオン決定戦として『阪神3歳ステークス』が創設され、当初は阪神競馬場・芝1200mで行われていたが、1960年に芝1400mに延長され、1962年以降は芝1600mで行われている。その後、1991年に3歳(現2歳)牝馬限定のGI 競走に変更され、レース名も『阪神3歳牝馬ステークス』に改称、牝馬の3歳(現2歳)チャンピオン決定戦として生まれ変わった。なお、馬齢表示の国際基準への変更に伴い、2001年に競走名が『阪神ジュベナイルフィリーズ』に改称された。
競走名の『ジュベナイル(Juvenile)』とは、英語で2歳馬のこと。『フィリー(Filly)』は牝馬、特に4歳までの牝馬のことをいい、この言葉には社交界にデビューする少女(女性)という意味も含まれている。

阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)最新情報

100%自信の無料三連複情報

毎年恒例!3連単情報は提供できませんが、3連複情報なら先着500名様に無料提供しちゃいます。

コースの特徴

阪神競馬場 1,600 (芝・外)

スタート後、外回りコースに入ってから3コーナー手前まで上り。4コーナーから緩やかな下りで、直線に向いてからも半ば(残り190m付近)まで下っていく。直線距離は473.6m(Aコース使用時)。ゴール前に急な上り(高低差1.8m)がある。前半に負荷がかかりやすい構造で、道中は脚をため、直線でスピードを発揮する馬が基本的に有利。ただし、極端にスローなペースになれば逃げ馬が有利となる。開催前半で芝の状態が良好なときは、インを回る能力や先行力が重要になりやすい。

GIへの道  勝者のみに与えられる栄光!最強のスプリンターが集う!

1年に1度の特別配信

2歳牝馬の頂点を決める一戦
1949年に関西地区の3歳(旧表記)チャンピオンを決めるレースとして創設された「阪神3歳ステークス」が前身。創設当初は阪神競馬場・芝1200m(56年のみ京都で開催)で行われていたが、62年に芝1600mへと変更された。84年のグレード制導入ではG1に格付け。91年に3歳牝馬限定のG1競走に変更され、名前を「阪神3歳牝馬ステークス」に改称。01年には馬齢表示の国際基準への変更に伴い、競走名が現在の「阪神ジュベナイルフィリーズ」となった。10年には国際競走に指定されたことにより、外国馬は9頭まで出走可能である。

桜花賞と同条件も・・・
翌年の桜花賞と同じ阪神芝1600mで行われる同レース。関連性が高いかと思いきや、意外にそうでもない。牝馬限定となった91年以降、過去21年間の同レース優勝馬で桜花賞を制した馬はわずかに4頭。91年のニシノフラワー、00年のテイエムオーシャン、08年のブエナビスタ、09年のアパパネだけである。01年のタムロチェリーのように同レースが最後の勝利となった馬や06年のウオッカのように翌年に強力なライバルが現れることもある。また、昨年のジョワドヴィーヴルや一昨年のレーヴディソールのように強い勝ち方を見せた馬が3歳になって故障するケースも多い。

近年は名牝の登竜門に
阪神競馬場の馬場がリニューアルされ、06年以降は外回りコースで行われるようになった。この年優勝したウオッカから勝ち馬の流れが変わっている。同馬は翌年のダービーを制し、日本を代表する名牝へと成長する。また、07年のトールポピーはオークス、08年のブエナビスタは桜花賞・オークス、09年のアパパネは牝馬三冠を制した。外回りに替わって、優れた末脚を持つ実力馬が優勝している。ウオッカやブエナビスタなど近年の牝馬のレベルアップは目覚ましく、古馬になっても一線で活躍する名牝の登竜門といえるかもしれない。



ページトップへ戻る